読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のゲーム『艦隊これくしょん』

『艦これ』やってます。
既に遠い昔という感じですが、秋イベントの振り返りです。
まぁ、個人的には同人原稿と平行というのが一番キツかったです。世のサークルの皆さんはどうしてんだろうなぁホント‥‥と思ってtwitterとか見てみると、普通に甲攻略しているみたいで驚きます。
とりあえず、全般を通しての釣果はこんな感じ。(攻略Wikiで赤字のみ)

E-1甲:初月/掘り4回出撃
E-2乙:山風/掘り13回出撃
E-3乙:朝雲/出撃0
E-4乙:なし/出撃0
E-5甲:酒匂、朝風、まるゆ、Pola/掘り3回出撃

幸いな事に朝風は攻略中に出てくれたので、ほぼ狙いは山風のみ。E-1、E-2は艦隊編成に困らなかったので掘りも頑張ろうかと思ったけど、E-1はまったくS勝利が安定しなかったので、ほぼE-2に集中しました。E-2はキラ付けとかも必要無く勝てたので、少ない時間でも手を付けるのが楽で良かったです。
後は、少し落ち着いた頃に、親潮が落ちるのを期待してE-5にちょっと出てみたくらいですね。いずれにせよ、新規実装艦は釣れたので良かったです。
戦略的に意味のあるのは‥‥初月くらいか。ドロップ率的にはかわらないっぽいのに、プリンツじゃなくて釣れたのはPolaかー。

春の時に、今後のイベント攻略に向けて対空カットイン要員の確保を、札の発生しそうな分+予備くらい確保したいなぁと思ったけど、その後、夏には秋月、今回は初月とが釣れて、摩耶も2号機を作ったので必要十分にはなりましたかね。これから力を入れるべきは装備品の確保かな。
これまでは対空カットインにはベタな構成をしていたのだが、秋月型は秋月砲+13号改で良いとして、摩耶には3号+5インチ+Bofors+FUMOを使っていたのだけど、いつの間にか5インチ→90mm単装、FUMO→21号対空電探改というのが生まれていたそうで、なんとなーく90mmは改修していたけど、21号対空電探改の作成&改修を進めています。
アップデート情報が来た時は、基本的に任務とグラ変更と家具しか気にしていなかったけど、対空カットインの装備仕様も色々変更があるみたいだし、補強増設で装備の組み合わせにもまた一考があるみたいだし、ちゃんとそういう情報も追わなきゃならないですね。
新任務で、自分的にはタダさえ少ないボーキを思いっきり持って行かれたので、コツコツ補充しています。こんなんじゃ、大和ゲットのための大型建造も回せねぇ。
‥‥というか、なんでみんなそんなにボーキを持ってるんだろうなー。