読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のゲーム『艦隊これくしょん』

『艦これ』やってます。
E-4乙終わりました。くぅ~疲れましたw これにて夏イベ完結です!

‥‥本当に疲れたなぁ。春に続き同じ書き出しだけど。
前回書いた様に甲を断念して乙にしました。攻略編制は以下の通り。

■削り時
機動部隊
第一艦隊:榛名(109)→陸奥(98)、金剛(118)→長門(98)、翔鶴(98)、瑞鶴(98)、飛龍(100)、加賀(98)
第二艦隊:秋月(89)、妙高(97)、阿武隈(94)、雪風(94)、時雨(91)、北上(120)

■ラスト速吸編制
機動部隊
第一艦隊:摩耶(94)、武蔵(96)、瑞鶴(98)、翔鶴(98)、加賀(98)、速吸(67)
第二艦隊:プリンツ(97)、妙高(97)、雪風(94)、時雨(91)、阿武隈(94)、北上(120)

■基地航空隊
第一:零戦21熟練、九六式、流星改、彗星一
第二:零戦21熟練、一式、一式、一式
第三:二式大挺、銀河、一式三四、一式野中

基地航空隊は常にオールIマス。一度、ボス前航空戦マス用にオール艦戦で配置してみたら、逆にIマスを落としきれなくて撤退要因になってしまったので、元に戻して航空戦マスは対空カットインに賭ける事に。
意外と夜戦マスは生存率が高かった印象‥‥まぁ、やられる時はやられるけど。

特に明記していなかったけど、言わずもがなカッコ内はレベル。でもこれは攻略開始時メモった物で、最終的には全員結構レベルが上がりました。翔鶴なんか攻略中に99になって、経験値が勿体ないから急遽指輪渡したしね!
何しろ、出撃回数がこれぇ‥‥

掘り時(丙):6回(全てS勝利)
甲攻略時:30回(S勝利なし、A勝利4回、C敗北14回、D敗北1回、道中撤退11回)
乙攻略時:13回(S勝利7回、A勝利2回、C敗北2回、道中撤退2回)

掘りで何回出撃しようとかまわないので、別に丙掘りの時はどうでもいい。攻略のために43回て‥‥(遠い目)
甲の時も乙の時も、とにかくラスト編制の厳しさを感じましたね。削り時は司令部による途中退避もよしとして攻略していたので、ボス到達率は100%で、さらに乙の場合は退避艦が出るのを考慮しても9割S勝利取れていたので。
ぶっちゃけ、甲攻略時の撤退は全部ラスト編制に切り替わってから。14回中11撤退。そして辿り着いた3回、中破艦が居ても無理して洋上補給を使った結果、A勝利3回に終わって心が折れたわけです。
乙は、1日でゲージをを削り切った所でラストで詰まりました。甲攻略をこれだけ頑張ったプライド(笑)で洋上補給なしでクリアを目指したんだけど、削りは超楽勝(7出撃S6A1)だったのにラストに入ってからは撤退2回は良いとして、まさかの2連続C敗北でこちらも心が折れる
そこで、乙であれば少なくとも第二艦隊の健在率が高いので、もう洋上補給して終わり!と出撃してみると、第二は夜戦でプリンツが中破したもののそこから耐えた一方、ボス前航空戦で加賀と速吸が一発中破という状態で到達。大丈夫かこれぇ‥‥と思ったが、課金覚悟の洋上補給をOKしてみたら、なんとあれほどウザったいというかラスト編制のガンだった戦艦夏姫の一隻が開幕爆撃+決戦支援で吹っ飛び、みんなが言う様に第二艦隊は砲撃戦でまったく攻撃を寄せ付けず、昼戦のうちに重巡夏姫を中破まで持っていってのS勝利となりました。
ああ、洋上補給x2で超楽勝って、こういう事なんだなって‥‥
結局、甲でもそうなんだけど、洋上補給x2が生きるのは第二艦隊が健在な状態で使うべきだったと思うので、それを引くまで粘れば良かったのだろうけど、何しろ資源の推移がね‥‥

  イベ前→E-1終了→E-2終了→E-3終了→E-4終了
油 150000→150000→149000→120000→45000
弾 199000→201000→202000→181000→109000
鉄 257000→259000→260000→249000→212000
ボーキ 100000→100000→99000→89000→43000
バケツ 1974→1974→1968→1880→1646

油とボーキんごごごごwww
いや、鉄以外。弾は貯金が出かかったから見た目マシだが、油並に減ってるんだよなぁ。
つーかこれ、春イベの時より酷いんですけど。
まだイケると言うかもしれなが、次のイベントまでの回復を考えたら、少なくとも油は5万がリミットだと思ったので切り替えたし、乙でも洋上補給を投入したわけです。
よく、「資源10万逝った」とかいうのを見かけて、さすがに大規模なイベントでもそこまで持って行かれないだろーと思っていたけど、今回は自分はそれに当たったという感じですね。

今まで、ドロップ艦が釣れない事はあっても攻略自体は割とうまくイケていたと思うので、今回はついに沼ったなーと思いました。