読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『英雄伝説 閃の軌跡』ストーリー、設定、キャラクターにあれこれ編

前回の感想では『閃の軌跡』とういタイトルとしての、終盤の展開や次回作への展望にチラッとふれましたが、こちらは改めて『軌跡』シリーズとしてのストーリーやら設定やらの雑感&キャラクターについての雑感を書いておきます。


まずはストーリー設定に対して。シリーズファンとしては、まさに待望の「エレボニア帝国」に入ったという事で、それだけで期待値はやや上げになるわけです。
ゼムリア大陸一広いらしい舞台を、『軌跡』シリーズでのフィールド表現でどう表すのかと思えば、鉄道網が整って云々という設定はあったものの、それを使って活動する場所を移動するという形でうまく表現していると思います。
それでも今回行けなかった土地が、少なくとも特別実習の数だけある。パルム、セントアークやロマール州。ユミルがドラマCDで終わりってどういう事!?ジュライ特区に行ってカジノやらせろや!とまぁ、この辺は次回作で行くことになるのだろうし、多分次は列車じゃなくてカレイジャスで移動するんでしょうかね!
ストーリー面で見ると、「帝国編」はある意味結末の見えている物語でもあります。今回帝都を占拠し、トリスタにも攻め込んできた貴族派は敗北。オズボーンは復権を果たす。そこに絡む流れとして、『零』『碧』の舞台だったクロスベルの独立、占領、解放。そして結社の「オルフェウス最終計画」「第2段階幻焔計画」。これらが、ゲーム内時間でどう絡むのか。
例えば、次回作半分辺りまでが対貴族派にケリをつける&オズボーン復活=幻焔計画の完了で、その先がオルフェウス最終計画&対結社になる、なんて予想をしてみる。というのも、独立したクロスベルのその後の帝国による占領は、貴族派打倒&オズボーン復権と連動するものだし、その後の解放はオルフェウス最終計画の結果に絡むんじゃないかと思うんですよね。
ただ、作品内時間で、クロスベル占領から解法まで2年だからなー。やっぱ「オルフェウス最終計画」と解放は連動しないのか、もしくは次の第3、第4段階があるのかなぁ。それはつまり『軌跡』シリーズが次回作では終わらない?って事にもなるんですけど。どうかなw?みんなもそのつもりかw
仮に、『軌跡』シリーズのエピソードが今回の帝国編でケリがつくのだとすると、共和国とかアルテリア法国とか舞台にしていない場所があるのだが、別にそういった舞台が全て出てくる必要は無いと思っています。さらに言えば、使徒や執行者全員と個別に戦う必要は無いとも。だって、博士を4〜7人でボコしてもしょうがないでしょ。そもそも全員武闘派とも限らないし。
問題は『軌跡』シリーズ全体をまたぐ結社の最終的な目的は何よ?な訳で、「オルフェウス最終計画」なのか?『軌跡』シリーズはそれを阻止する話になるのか?それとも別の何かか?そこが現実に10年経っても見せていないのがムカツキますねw
そのキーになっている「7つの至宝」。解りやすい所では『空』シリーズが「空」、『零』『碧』が「幻(の紛い物)」ときて、どうやら『閃』シリーズが「時」(リィンのオーブメントが時要素強かったり、時間計の能力が絡んでいそうだったり?)を巡る物語の様ではあります。じゃあ基本の「火」「水」「風」「土」は?「既に結社の手にある」なんていうのは『空』時代から予想されている話だけど、それもまた現実を帯びてきたかな。これも前述の舞台や結社の面々同様、個別の至宝ごとに物語がある必要も無いかな、と。
まぁ、本当に「時」の至宝を巡る物語が『閃』シリーズで、それを経て「オルフェウス最終計画」の結果にラスト1作‥‥くらいあるかどうか、だろうか。


ストーリー設定に絡んで登場人物についてですが、結社の面々もまたちょっとだけ姿を現したけど、使徒もまだ3人残っているし執行者もやっと半分だものなぁ。やっぱり『零』『碧』でもうちょっと執行者を消化しておくべきだったよ。代わりにここ2シリーズで猟兵団の存在感がグッと上がったが、とりあえず2強らしい「紅い星座」と「西風の旅団」はほぼ全貌を現したようなので、それだけは間違いなく前進と言えるかな。
ファルコムは、使徒の正体が明らかになるたびに、『空3rd』の扉14の動画を音声&絵付で毎回アップデート公開するべきだなw!
そんなこまごま長々と積み上げられた設定や世界観が好きだからこそ予想と妄想を繰り広げる、このシリーズへの付き合い方であり楽しみ方は依然継続中です。


お次は『閃の軌跡』登場人物のしょうもない雑感。ネタバレ容赦なし注意。

リィン
終始紅葉を斬ってました(エー。リィンのスーパーサイヤ化は、『軌跡』的にはグノーシス化の方が表現近くないかw。銀髪お目めが真っ赤なんてヨアヒムかよ。
アリサ
単純にリィンに対してのヒロインかと思いきや、『閃の軌跡』のストーリーは、アリサにとっての成長物語でもあったんだよなぁと思います。なので、単純なヒロインかと思って始めてみたら案外違ったなぁ、と。
ラウラ
クラフトが大正義な今作において最初から最後まで主力アタッカー。ヴァーミリオン覇道は弩定番な使い方じゃないですか。百合層向けキャラというか武士キャラかーと思いきや、意外と絆イベントが乙女的で途中からリィン×ラウラ、アリだなと思ってました。アリサ、すまんな。
エリオット
エコーズビート係り。いや、毎ターン回復&DEFアップって使わない方がおかしいじゃん!というレベル。人畜無害そうな顔して、姉やその女友達や実家の近所の女性陣にチヤホヤされている辺り、ナチュラルに畜生だったら面白いのに(酷
ガイウス
VII組の良心。家族も円満だし、ノルド編は本当に良い世界観だなぁと思った。しかし、3章以外でレギュラー起用は無いのだった。
マキアス
貴族と平民の対立関係をプレーヤーに解りやすく伝えるために、序盤は残念な性格にされてしまった残念なキャラではあるが、それが終わったらリアクション芸人にされたことこそかわいそうである。
ユーシス
ナチュラル善人。マキアスと違い、テンプレ貴族はモブがこなしてくれたから救われている。もうちょっと馬術部でポーラに反応しておかないと、婦女子層のカモだと思いました。意外とアーツキャラなのに気づくのが戦略上重要かもしれない。優秀なサポートキャラ。
フィー
パッケ絵とかでやけに目立っていたので、ん?キーマンか?と思われていたら、そうでもなかった。園芸部やら6章やら、ちょいちょい可愛い所がありますね。もうちょっとゲーム性能的に強くても良かったんじゃないかなぁ。
エマ
始めの違和感はOPムービーだった‥‥フィーがキーマンかと予想されていたら、ムービー内でフィーはラウラとセット。リィンとアリサはともかく他の面子が2人組みの中で、エマだけ一人で猫と一緒という違和感‥‥やっぱりメガネは重要キャラかよ!ライブ衣装の時はメガネを外していたのに、水泳の時はメガネかけっぱなしだったのが惜しまれます。
クロウ
C=クロウと解ったら、ボイスチェンジャー越しの声も櫻井声に聞こえてきた。
ミリアム
個人的に恵体キャラが好きなので。すまんな。
サラ
1週目ではあまりイベントをこなせなかった。絆イベントがあるキャラは、絆イベントを逃すのその辺のフォローが厳しい。まだ20代前半なのにBBA扱いされてかわいそうです。
トワ会長
個人的に恵体キャラが好きなので。すまんな。でも最後は「頑張って」と言ってくれて良かった。
ジョルジュ先輩
ただの工房詰めの武器屋という印象だったが、後夜祭でアンゼリカとダンスし始めてたぞ。なんだそれ。
アンゼリカ
泰斗流担当アンタかよ!?そもそもVII組に9人+2人も居たのに泰斗流係りが居なかったのがアカン。
シャロン
あぁ^〜シャロンさん、プレイヤーキャラとして使いたいんじゃ〜。
パトリック
もうちょっと奥ゆかしくエリゼにアプローチすればリィンにも警戒されないだろうに、エリゼ本人を目の前にすると、割とストレートなアプローチをするところが帝国貴族だと思った。
フェリス
アリサ×フェリスで薄い本待ってます。
ロジーヌ
ロジーヌみたいな人が何故士官学校に?ってのは、ガチなフリですか?お遊びですか?
ポーラ
ユーシス×ポーラで薄い本待ってます。
コレット
コレット×ラウラで薄い本を待ってます。あ、並びはこれで。
リンデ&ヴィヴィ
リンデ×ヴィヴィで薄い本を待ってます。あ、並びはこれで。
ベリル
エマを「自分と同種の人間」とか言ってるのは、ガチなフリですか?お遊びですか?
エーデル
リィンのやつ、学園物の主人公よろしく帰宅部かよ!部活に参加してても生徒会の手伝いできるだろ!エーデル先輩と園芸活動したい。と思ったら、フィーが園芸部に入っていたでござる。
ドロテ
ファルコムDLC文芸誌を買えるようにするべき。もちろん、書物登録あり。というか、絶対買えると思っていたのにガッカリ。
ルーファス
結局敵か味方かどっちだ?貴族派筆頭はカイエン公という事だが、一枚岩じゃないのは明らかだし、次回作でルーファスがのっとるんでしょ(断言
イリーナ会長
結局敵か見方かどっちだ?軌跡シリーズのヒロインは親しい人間に裏切られてこそだからね(酷
レーグニッツ知事
描写の都合上、“解りやすい敵”は貴族派なので改革派の知事はどうなのよ?っていうと‥‥姪絡みでの“闇”をマキアスはVII組で消化したが、知事は果たして‥‥
エリゼ
クレイジーサイコブラコンですか。かといって、パトリックにくれてやるのはちょっと‥‥
オリビエ
プレー中のメモでも書いたが、すっかりパーティーinして一緒に戦うキャラじゃなくなっちゃったなーと思いました。
アルフィン皇女
オリビエを見るに、いたずらっぽい性格は父親譲りのようですね。
セドリック皇子
オリビエを見るに、おとなしく素直そうな性格は母親譲りのようですね。
クレア
アイスメイデンさん。ストーリーの都合上、一人だけ損な役を背負わされてかわいそう。
トヴァル
しゃべんないのかよ!?杉田でキャスティングされてるじゃん!次回作ではバリバリ喋ると信じてるで!
レクター
しゃべんないのかよ!?森田でキャスティングされてるじゃん!次回作ではバリバリ喋ると信じてるで!
ミュラー
しゃべんないのかよ!?磯部でキャスティングされてるじゃん!次回作ではバリバリ喋ると信じてるで!
ブルブラン
『空』では怪盗Bとは接触なし(その後、ブルブランとして戦ったし)、『零』『碧』では接触はあるものの気づかず最後に「さっきのが怪盗Bだったのか!?」。という流れから、今回「あなたが怪盗Bですね」となるのは良い流れだと思いました。
ヴィータ・クロチルダ
『空3rd』の扉14の第二柱が、容易に脳内再生できて困る。でも、博士とアリアンロードの分と合わせて、フルボイス版扉14公開してください。おねがいします、なんでもしますから。
スカーレット
法剣持ちって、お前教会の人間かよぉ!?これは次回作で外法狩りが来ますねぇ。
ヴァルカン
解放戦線に参加している理由がストレート過ぎて驚く。スカーレットの背景が謎のままだったからともかく、その辺明らかになったんだしギデオン同様『閃』で死んでおいて良かったと思う。
ギデオン
情報公開時からの印象と、退場の流れはちょっと新しいなと思いました。


あらかじめ言っておきます。女性キャラ(幼女除く)、全員スタイル良すぎぃ!というか体のライン出すぎぃ!
男女で解りやすいモデリング差を出そうとして、体のラインを強調しようとした結果なのかな。これもまた次回作への開発的課題かもしれないが、解決しなくてもいいかもしれない(エー


後夜祭で選べるパートナーはアリサ、マキアス、エマ、フィー、ガイウスでした。この辺はそのまま絆イベントをコンプしたキャラ、という感じですね。後夜祭イベントを確認する流れて一人目にアリサを見てしまったので、全員確認した後にアリサでやり直すのが面倒だったのでアンカーはエマでそのままクリアしました。特に続編に影響がある事は無いからいいだろ。あるとしても、後夜祭イベントが適用された全員だろうし。
ちなみにリンクLVは、後発のクロウ、ミリアム以外では、エリオット、ユーシスがLV5に届きませんでした。
自分のポリシーとして、実習先の縁のあるキャラをリィンと共に固定というのがあったので、割と満遍なくリンクLVは上げられたと思います。LV5になっても数値は上がり続けるので最終的に誰が一番高いかはわからないけど、学園祭でのイベントを見るにエマが7000台、アリサが6000台、ラウラが5000台でした。