読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『零の軌跡』でファン目線で思った事メモ

IMP

レビューというかゲームの感想でもちょこっと。
まず「ゲーム」としてのデキ。と言っても基本は『空の軌跡』からそんなに変化ないので。
戦闘システムは『The3rd』でほぼブラッシュアップしきった感じがあります。その上で変化をもたらすためにコンビクラフトやチームラッシュなんかがありましたが。コンビクラフトは最終的に全員使えるようになるけど、主人公特権にしてもいいんじゃないかと思いました。チームラッシュはSクラ同様の演出スキップを付けて欲しいとこなんだけど、アレ、一人一人に当たり判定が用意されてるのでスキップできないんだろうな。作り方しだいじゃないかと思うんだけど。
フィールドでの攻撃は良かったと思います。4人のアクションにそれぞれ個性があったし。自分は基本的エリィ、ロイドを使いました。基本エリィで倒せない時はロイドでピヨらせる。そう言えば、ゲストキャラが来た時は基本的にランディ外しでした。ティオルート入っていたし、エリィは魔法要員だし。ロイドを外せるという発想は無かった‥‥。
演出面では、パートボイスのさらに簡易版みたいに声が入りましたが、嘗ては「メインイベントくらいはフルボイスで!」と希望したけど、これくらいでも十分かなぁと思います。いや、演出としてはいいと思うけど、ボイス量としては不満ありだな。声ありは結局戦闘に出てくるキャラと限定的にフランだけだったし。顔グラ付きのキャラは全員ボイス欲しかったね!だいたい、顔グラと声ありで「こいつパーティーインするわ」「こいつ戦闘あるわ」と予想されるんだから、サプライズ演出のためにもその辺ケチらないでいただきたい。ましてドラマCDで課長とグレイスは声付きだったんだからさぁ。後、レンは一部過去作のデータ使いまわしできなかったのかね。
関連して顔グラもね、ただでさえ主要キャラが絞られちゃうんだからねぇ。でも、メインシナリオに絡む人たちはほぼ付いてるんだけどね。微妙なキャラが立ってて「こいつにも顔グラを!」ってキャラは、割りとプレー次第じゃ絡まないまま終わっちゃうのも居るわけで。いや、だからこそケチらないで欲しいわ、そういう細かいトコにも配慮するのも売りだろ。
売りと言えば、ある意味最大の売りであるサウンド面だけど、ある種至高の域だった『The3rd』に比べると、ちょっと印象に残る曲は少なかったかも。PVでのインパクトもあった「Get Over The Barrier」くらいか。エンドロールの曲も好きだけど。あれゲーム中にかかって欲しかったな。繰り返しかかる曲じゃなくて、特定イベントシーンのみにかかる曲は結構良い雰囲気のが揃っている気はした。終章辺りとか。サントラは予約済みなのでちゃんと聞きたいですね。
というか『イース7』でも同じ様に書いたけど、ちゃんとした環境で聞いてみると全然印象変わるんだよなぁ。PSPなのがいかんのか。


なんか不満が多い感じだけど、得てして「あらためて言いたくなる事」ってのは不満ばかりになるものです。それは他のゲームでも『空の軌跡』でも同じ。本当につまらない駄作なら77時間もやらないしね。そういう「面白くない」事に関してはシビアなつもりなので。


さて、話は変わって肝心のシナリオについて。
発売当初は疑心暗鬼な声も多かったけど(笑)、終わってみると、まぁ‥‥物語としては一応〆られたねっていうか‥‥その‥‥エンディング後に予告ムービーが流れなきゃウソだろ!?って感じですねw。
空の軌跡FC』的な〆も色々言われたけど、逆にあっちの方が「こういう続きがあるんだ」と解かるので妄想の垂れ流しようもあったけど、今回これはかえってモヤモヤするわwなんだよ、新市長からの相談って!w
そもそも3作もやった『空の軌跡』の続きの物語が、これでまるっと片付くとは思ってなかったけど、それでも残った謎は一つづつ片付いていくんだろうと思っていたのに、レンの事はケリがついたけど、また色々話は広がったね、うん。
いや、でもゼムリア編(仮)を片付けるためのパーツを加えたと考えるべきか。
そもそも、ここまでの4作に至るにあたって、倒すべき絶対悪が居ないんだよなー。真っ先に「結社」があげられるだろうけど、「結社」も世界の悪なのかと言えば割りとそうでもない。「結社」は「至宝」を手に入れるために形振り構わない組織であって、教団を泳がせていたのも「至宝」に至る何かがあったんだろうし、また「楽園」を潰したのは「至宝」には関係ない外道だったからだと思う。「教会」だって封聖省はそういうスタンスっぽいし。
だいたいどの勢力もキナ臭さを持ってる。帝国にも共和国にも教会にも。遊撃士協会は正義かもしれないが、本部や残りのS級が出きってくれないと案外ハッキリしない気がする。国家としてはリベールは正義かもしれないが、「空の至宝」失った以上、寧ろ至宝にまつわる物語の蚊帳の外になってしまった観があるし。
タイトルリリース的には1作目は設定固め編で2作目に物語の本筋を動かす編という流れになるだろうから、セカンドチャプターにあたる次回作は出るだろうけど、安易にSCと付けずに別の「軌跡」になりそうな気もしてます。
でも、そう思って「さすがに黒騎士はそっくり過ぎる別人だろ、さすがにw」と予想していたのにアッサリ外れたので、どうなんですかねw


とりあえず「To be continued」と言った以上、続きが楽しみです。