読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『鎖-クサリ-』/Leaf(Win)その2

『鎖』雑記ネタバレ偏
オレ流主観による雑記なので、という逃げ道を作っておいて書きます。
まず、『鎖』のエンディングには「歌ありエンド」と「歌なしエンド」の2本があります。多分歌ありがGood、Trueで歌なしがノーマルエンドって事なのではないですかね。それを踏まえて。後、綾之部姉妹犠牲ルート→月の扉ルート、折原親子犠牲ルート→夜の扉ルートって事なので、その様に変更。

折原明乃(歌ありエンドx1)
パッケージヒロイン。その言葉、これまで幾度も見てきましたが、しかし自分的には、皆パッケージのメインを飾るなりの存在感をもったキャラばかりだし、そんな世間で言われる様な扱いではないと、そう思ってきました。そのオレをもってしてもパッケージヒロインだと思ったさ。全編に渡る使えないっぷり、衝撃の脅迫エンド(しかし歌あり)、しかもここに至って気づいたのは明乃ヒロインルートなのに主人公とのセクロスなし。いや、一応主人公とのエロスシーンはります。が、それは月の扉ルートで開発されちゃった状態での尻のみって‥‥。まぁ、そんな訳でエロ要員としては十分役目を果たした気はします。
香月ちはや(歌なしエンドx1)
キモウトキャラ。そういや近親OKになったんだっけ。夜の扉ルートにおいてダークサイドを受け持つキャラです。シナリオ上明乃同様使えない奴なんですが、そこそこしっかりモノっぽいキャラではあったので、まぁ幾分は許せるかも‥‥と思ったらイイ感じで狂気を帯びてきます。キモウトキャラは個人的にパスなんですが、エンドも含め、『鎖』における一つの結末へと導くキャラとして、価値はある存在だったと思います。
片桐恵(歌ありエンドx2、歌なしエンドx2)
一人だけ異彩を放つエンド数。所謂真・ヒロインですね。大ルートどちらでも立場は変わらないのは明らかなので、果たしてどれがこのキャラにとってベストなエンドだったのか。エンドは数あれど、どれも含みのあるエンドばかりですな。あんまり書けないので、まぁゲームやってくださいって事絵で。
綾之部可憐(歌ありエンドx1)
ツンデレお嬢様。ついでにホラー/サスペンスにおけるヒステリック要員。それでいて、全ヒロイン中もっともスタンダードなギャルゲシナリオを展開するキャラです。事前の人気状況とかわかんないけど、人気あったのかスタッフに愛されているか、優遇されてると思います。犠牲ルートではその限りじゃないけどね!
綾之部珠美(歌なしエンドx1)
クソガキキャラ。というかもう空気の読めてなさっぷりはムカつく事請け合いなのですが、しかしシナリオ上主人公以外でもっとも活躍してくれるキャラだとも思います。犠牲ルートじゃその限りじゃないけどね!エンドは歌なしですが、ヒロインのエンドそれぞれの行き着く先が主人公とのハッピーエンドと考えるなら、珠美は主人公にとってヒロインではなく戦友であり、珠美自身シナリオ中で主人公に可憐を助けて欲しいと願っているので、珠美のエンドとしては歌なしで正しいのかもしれません。
折原志乃
ママキャラにエンドはありません。期待していた人は残念。しかも基本的に逝っちゃったまま終える人です。折原親子犠牲ルートで一瞬輝きは見せます。しかしそれは娘のためにはなっていなく、ともかく『鎖』においての折原親子の不遇っぷりの象徴の様なイベントだったかもな。
早間友則
ヘタレ、早漏、どのルートでも役立たず。役に立ったのは可憐ヒロインルートにおいて偶然人柱になっただけ、という嘗て類を見ないほどどうしようもない親友キャラです。そうなんだよ、親友キャラなんだよ。こんな親友キャラって居たか?本当に「親友」キャラだというなら、かなりエポックな親友像を提供してくれたと思います。唯一活躍を期待されたエロスシーンでもギャグにしかなくてどうしようもない。
岸田洋一
岸田さん。作中において最大の敵。しかし絶対的な悪ではありません。ちはやルートにおける「できそこない」発言は正しいでしょう。ヒロイン陵辱の殆どを担うキャラなんですが、基本的に破壊的な描写ばかりなので(しかも半端)あんまりエロス的には楽しめないかも。なんつーか、ミスに対しての罰ゲーム感を与える存在って感じ。もっとも、キャラクター的に女が目的ではなく、“狩りを楽しめるか”というテーマで動いている感じか。ゲーム中一番の萌えキャラってのは、終わってみると割りと納得できるかも(笑

結局大ルートは月の扉ルート(可憐エンド、珠美エンド、恵エンドその1)を見た後、夜の扉ルート(明乃エンド、ちはやエンド、恵エンド2〜3)に向かうのがスマートかもしれません。まぁ、月の扉ルートの各エンドは後味の悪さは薄いので逆にしてもいいかもしれません。また、ヒロインの個別エンド以外にもゲームオーバーの各パターンに応じてバッドエンドがあるのですが、それぞれ中々面白いエンドであります。どうせならエンドのチェックリスト機能が欲しかったですね。しかしヒロインエンドでもかなり尻切れっぽい雰囲気満載なので、そういうのも含め中途半端っぷりが漂ってる感じです。と、ここまで書いてスレみたらサスペンスパロディって言葉見たけどさ、凄く納得だねその言葉。枕流氏っていいんちょシナリオの人なの?じゃあやっぱり適材適所をはずしてたんじゃないかねー。