読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『パルフェ-ショコラSecond Brew-』/戯画(Win)

ひとまず全キャラクリアしたしCGも全部終わったので終了で、いいよね。
とか思ったら、誰ともくっつかないENDとかすりんNormalがあった様だ。まぁ、共通ルートはガンガンスキップしまくりなのですぐに到達したけど。かすりんNormalについてはかすりん別途追記。ということで以下にまとめ
後、アップデートパッチネタすっかり見落としてたよ‥‥。
玲愛True→由飛Normal、True※玲愛Normalについては省略
由飛True→かすりTrue
明日香True
里伽子BAD、Normal→恵麻Normal
里伽子True→恵麻True
総評としては、「優等生の様な完成度」という評価はしっくりはまる。シナリオ、システムは無論、キャラデザも奇をてらわない、極めてスタンダードかつ安牌なレベルに仕上がっている。
個人的に、「シナリオ」と「テキスト」は「ストーリー内容」と「実際に読む文章」と分けて考えているけども、シナリオはベタとは言わないまでもベーシックに、テキストは解りやすく読みやすいと思う。
システムはかなり軽快で、ゲームパッドオンリーでプレーしたけども操作面でも問題なし。
ただしゲーム難易度としては、イベントシートのお陰でかなり簡単。つまるところエピソードつなぎゲーだし。とは言え、1ルートあたり、文章の巧みさも手伝って飽きずに読みきれる内容になってると思う。
既読スキップも早いので、繰り返しプレーも気にならない感じ。
そしてエロゲーとして、適度にエロい。
というわけで、「優等生」のごとく、そつなく手堅い感じ。反面、それは味気なさを生むかもしれないけど、惰性感もなく遊びきれる作品ってそうそうないよ?安定して楽しめる事をありがたく思う。よく言われる「エロゲーデビューにお勧め」ってやつかもしれないですね。
以下キャラ雑感

風美由飛
アホな子でエロ子。その無礼っぷりに手打ちにしたくなるかもしれないけど、Trueを見ると“それ”がどれだけ幸せな事であるか思い知らされされました。笑ったもん勝ち。何気にツボをついた発言と、とにかく歌いだすのはウケる。なんでも歌にするな。
花鳥玲愛
お気に入りキャラその1。カトレアかわいいよカトレア。強烈コンボを決めてくる時も蹴りを入れてくる時もイイ。個人シナリオ的には弱いけど、他キャラルートでの活躍でオイシイところを持っていってくれるその存在感にホレル。ピアノを必死に練習してるんだろうなーとか、ベランダで相談に乗ろうとしてくれるところとか、もうハァハァ
涼波かすり
お気に入りキャラその2。皆瀬葵系お笑い担当かと思いきや見栄っ張りというか、ワイ談聞かれて焦ってるところが素敵。しかし、かすりシナリオのキーワードに「自分の存在意義」ってのがあるけど、他ルートでのファミーユ本店再建時にブリックモール店店長につくのは決まってかすりんだし、ファミーユの頭3人がヘタレてる時に意見決定をするのもかすりんだし、マルチプレイヤーという以上に現行ファミーユにとって重要な存在ではないかと思うんだが(笑)
雪乃明日香
思ったとおりエロ担当だったな。ただし一番低年齢の特権か、他ヒロインルートは仁への気持ちと同時に別のヒロインも意識するという展開になる中で、唯一仁への純粋な想いだけで進行するシナリオはちょっと異彩。故に、何か他ヒロインルートとはちょっと違うすがすがしさはあるかもしれない。それを良いと思うかどうかは人それぞれだろう。
杉澤恵麻
恵麻Trueにも書いたけど、シナリオは納得できるんだが結果として損してるなーって感じ。ただ、『パルフェ』という物語において、恵麻と里伽子が同じスタートラインに立つという意味で恵麻Trueこそ正当なEDではないかと思うのですよ。単なる弟萌えな姉っていうだけなら十分笑えます。
夏海里伽子
ツンデレ2トップに数えられるけど、個人的なツンデレの定義としては「そうか〜?」と頭をひねっちゃうところなんだよなー。だって、初めから仁好き好き大好きなんだもの。もっとこうツンデレってのは、始めの心象マイナスから物語が推移していく中でプラスへと変化していくその過程が楽しめるかどうかなので‥‥と個人的にはね。ただそのキャラ設定がねぇ、いいんだよ‥‥その「好き好き大好き」であるが故の苦しみっての?それと合わせての絶妙なシナリオの組み立てっぷり。もう完敗っす。
ハムレット川端
美味しい人。ラブコメ系シナリオでは主人公とヒロインを第三者的立場で見るキャラが盛り上げ役になるけど、ファミーユ組は攻略ルート外のキャラがその役目を負える分カトレアが弱くなる部分を、しっかりフォローしてる。後はサービスショットが1枚でもあれば完璧だったのに(笑)
板橋店長
30代に見えない。40〜50のいいおっさんだと思ってた。森本レオのコピーができそうだと思った。
大村翠&バラさん
『ショコラ』の2大厨房を預かるキャラが揃って1号店に居るってことは、2号店ってどうなってんの?
涼波紬
妹萌えだったのかこの人‥‥涼波家は本編でも源一郎の出番欲しかったかもね。

思えば、『ショコラ』があっさり4強2弱の体制を作ってしまったのに対して、『パルフェ』は“弱”が居なかったのはおおいなる進歩だと思ったのだけど、実のところ両作に差はなくて、ただ『ショコラ』が美里&すずは出会いが丁寧に書かれていて且つ香奈子&翠はシナリオ的にインパクトがあった分、主人公的に既知というだけで2人が薄味な印象になってしまったけど、『パルフェ』はお店の再建という名目から主人公にとって既知のキャラの導入も丁寧に描写していたお陰で、そういう差別化してしまう印象を持たせなかった事が勝因じゃないかなーと思ったけど、どっちみちさやかと真子はシナリオも評判悪かったか。エロボディだけじゃどうにもなりませんなー。
それから好きなイベント:ケチャップ似顔絵、欧風喫茶店の面目躍如
前者はカトレアとりかこの反応がサイコー。後者は、どちらかというとツッコミ要員である明日香やかすりまでボケリアクションをはっきしてるから。
それと最後に、まったく気づいてなかったBADエンドですが、BADっていうかなぁ、オールクリアした後にやると、最後に和んで終わりって感じでいいかもしれないですね。ただ唯一、里伽子が絡んでないのが残念なんですが。様子を見にきてそのままみんなに引きづられて参加、とかでもいいと思うんだけどね。そんで、みんなからこれを機会に里伽子も復帰してくれって盛り上がって、「え、わ、わたしは‥‥」みたいな感じで終了、とか。
ま、この一週間十分楽しめました。これは『パルフェ』が良かったのか、それともこれくらい真面目にゲームをすればどれも楽しいのか、どっちだろう?(笑)